TRAINING PROGRAMS

無料グレイシーインサイダー

グレイシーの技術を学ぶ。グレイシー一族の食事を学ぶ。グレイシーのあり方を学ぶ。公式グレイシー一族の月刊Ezineへ簡単にアクセスするには、下にメールアドレスを入力してください。

最悪のシナリオ

ほとんどすべての既存する護身術が、脅威を中和する際、容疑者の服従や第三者のサポートに多くを依存しています。GCMLEコースの特有な点は、自分より大柄でより強健であり、不屈の容疑者/敵/相手とのけんか中に生じる可能性ある最悪のシナリオに、兵士や警官が1人で立ち向かうための技術を教えるコースであることです。ここに5日間GCMLEコース使用するシナリオのいくつかを紹介します。

  • 暴力的な相手が、フルマウントの状態から自分を絞め殺したり、殴ろうとしている。
  • 自分がマウントをとり、攻撃的な相手を制御しようとする。
  • 自分がマウントをとったが、暴力的な相手はがむしゃらに膝を左右に動かす。
  • 死に直面した状態で、自分の銃器が故障した。
  • 服従しない相手が、マウントの下側から自分を絞めようとしている。
  • 通常の職務質問中に、相手が突然自分に殴りかかり、安全に銃器を取り出す時間がない。
  • 協力する気のない相手が、膝をついて全力で逮捕に抵抗している。
  • 自分が非常に攻撃的な相手の下側になり、ノックアウトされそうである。
  • 自分より重い相手が上側のポジションをとり、体重を使って自分を押しつぶそうとしている。
  • 1人で抵抗する相手に手錠をはめなければならない。
  • 自分が相手を抑え込んでいるが、起きてまた闘おうとしている。
  • 相手にグラップリングの経験があり、ガードポジションから自分の動きを止めようとしている。
  • 相手がマウントポジションをとることができるが、最初のマウント回避術が失敗した。
  • 死に直面する状況で、暴力的な相手の下側に抑え込まれ、銃器を安全に取り出すことができない。
  • 暴力的な相手が自分のガードを外し、より有利なポジションを取ろうとしている。
  • 人が密集するエリアで攻撃的な相手に抑え込まれ、安全に銃器を取り出す必要がある。
  • 通常の職務質問中に、相手が突然自分に突進し、銃器を奪おうとしている。
  • 自分より大きな相手にヘッドロックをかけられている。
  • 相手が顔を下に向け、手を体の下に隠して逮捕に抵抗している。
  • グラップリング中に、相手が自分の銃器を奪おうとしている。
  • 自分が暴力的な相手の下になり、すぐに立ち上がらなければならない。
  • カスタム化された技術:時間が許す限り、実際に行ってみて、他の「想定されるシナリオ」のために改良した技術を生み出す。

詳細

GCMLEに関する詳細は、本ウェブページの左上にあるサブカテゴリをクリックしてください。

お問い合わせ & 登録

国家安全保障の目的のため、追加情報には個別の応対が必要です。GCMLEプログラム管理者スピロ・デメトリアジまで電子メールでお問い合わせください。spiro@gracieacademy.comまたは電話 (888) 494-5345 内線82番です。 お問い合わせが大変多くなっているため、お答えに1週間以上かかる場合があります