TRAINING PROGRAMS

無料グレイシーインサイダー

グレイシーの技術を学ぶ。グレイシー一族の食事を学ぶ。グレイシーのあり方を学ぶ。公式グレイシー一族の月刊Ezineへ簡単にアクセスするには、下にメールアドレスを入力してください。

よくある質問

Q:誰がGCMLE(Gracie Combatives Military & Law Enforcement)プログラムに参加できますか?

A:GCMLE指導者認定コースへの参加資格を得るには、現在軍隊または警察機関で業務を行っている必要があります(予備役も可)。所属証明が必要となります。

Q:6ヶ月毎に再認定コースに参加できない場合はどうなりますか?

A:6ヶ月毎の再認定コースは、推奨されますが必須ではありません。認定証を有効に保つことの主な利点は、コースの変更点について常に最新情報が得られ、またGCMLEプログラムの技術を使用した武力行使の裁判が発生した時に、自分の所属組織のためにグレイシー一族のメンバーが証言してくれるのです。

6ヶ月経過後に再認定を受けない場合でも、GCMLE技術を指導できなくなるわけではありません。私たちが問題にする点は、6ヶ月後に、必要な熟練度と有効性を維持できなくなるのではということです。

これまで、警官や軍人(またはその上官)の中には、6ヶ月おきに再認定を受ける予算および/あるいは時間がないことを理由にGCMLEコースに参加しないという、誤った選択をした例があります。自分とその所属組織が、一度でもGCMLEコースに参加し、その後に再認定を受けない場合と、最初からコースに参加しない場合とを比べると、前者の方が明らかに利益あることが何度も実証されています。

Q:自分の組織から何名の指導者が参加すべきですか?

A:経験は不問で、少なくとも1名参加して頂ければ構いませんが、各組織から2名以上参加頂くことをお推めします。5日間のコースで2名以上が、紹介された価値ある情報すべてを記録するタスクを共有すれば、彼らが戻りコースを実践する際に成功する可能性が、1名参加の時よりも高くなるでしょう。

Q:Gracie Combativesで教える技術はなぜ裁判で正当化されるのですか?

A:パンチやキックではなく、テコや技術に基づいた動きをするため、容疑者への身体的ダメージは大幅に低減されます。訴訟および過剰防衛の訴えは、GCMLEアプローチの採用により、大きく減少します。ロリオン・グレイシーが所属部門または機関の専門的証言者となるには、1名以上が有効なGCMLE認定証を所有していること、所属部門で誰がトレーニングを担当しているか、どの技術を教えたか、いつその技術を教えたかの正確な記録が残されていることが条件です。

詳細

GCMLEに関する詳細は、本ウェブページの左上にあるサブカテゴリをクリックしてください。

お問い合わせ & 登録

国家安全保障の目的のため、追加情報には個別応対が必要です。GCMLEプログラム管理者スピロ・デメトリアジまで電子メールでお問い合わせください。gst@gracieacademy.comまたは電話 (817) 692-8303 お問い合わせが大変多くなっているため、お答えに1週間以上かかる場合があります。