• ロイス・グレイシー
  • ロイス・グレイシー

ロイス・グレイシー

ロイス・グレイシー   ロイス・グレイシーはヘリオ・グレイシー師範の6番目の息子です。16歳で青帯を取得し、それから2年以内に黒帯に昇進しました。18歳の時にアメリカに移住し、ロイリオンと生活を始め、ときには1日10時間にもおよんだガレージでのプライベートクラスでの指導にすぐに慣れていきました。1989年に、ロリオン、ロイス、リクソン、ロイラーは、カリフォルニア州トーランスにグレイシー柔術アカデミーを設立しました。

1993年、ロリオンはUltimate Fighting Championship®を創設し、ロイスを一族の代表に選びました。185.4センチで80.7キロの体で、ロイスは大会中最も小さな選手でした。しかしながら、ロイスは同夜3人を倒し、UFCの初代王者となり世界を驚愕させました。彼の勝利は、テコの原理と技術が体の大きさや力を凌駕することを証明したのです。

(彼の対戦相手は常に自分より体重がありましたがロイスは勝ち上がり)3度UFCタイトルを獲得しています。今日まで、無制限ルールの1日トーナメントで4人を倒したのは彼だけです。

彼が対戦した相手で最も大きな相手は相撲の元横綱曙で、203.2センチ、220.2キロでした。2008年大晦日のK-1プリミアム・ダイナマイト大晦日のメインイベントで、ロイスはその巨漢に開始2分13秒、肩固めで勝利しました。ロイスが勝ったことで、まだ大きな相手に対するグレイシー柔術のすごさを信じていなかった者の目を覚ましたのです。2003年11月、ロイス・グレイシーは、UFCのベテラン、ケン・シャムロックとともにUFC 栄誉の殿堂入りする初の格闘家となりました。

ロイスが一家を代表して挑戦試合を戦っている様子は、Gracie Jiu-Jitsu In Action Volume 2で見ることができます。