• ロールス・グレイシー
  • ロールス・グレイシー

ロールス・グレイシー

ロールス・グレイシー  ロールスの生物学的父はカルロス・グレイシーSr.ですが、生まれた時からヘリオ・グレイシーに育てられ、彼を父と呼んでいます。非常に幼い頃から不屈の精神と並はずれた勇気を持っていました。競技者としての精神に溢れた才能あるアスリートとして、サッカー、サーフィン、柔道、レスリング、サンボ、そしてもちろん柔術といったあらゆるスポーツをこなしました。熱心な指導者として、ロールスは初めてグレイシー柔術に他の格闘技の技術を取り入れた者の1人でした。史上最高の黒帯保持者としてみなされ、ブラジリアン柔術の世界では、そのビジョンと優れた技術から、リーダーとして扱われました。ロールスは人間的にも優れ、必要なものしか欲しがらず、性格も寛大でした。しかし、ハンググライダーの事故で32歳のときに死亡しました。ロレスとイゴーの2人の息子がいます。どのような時でも親身であった彼を、皆忘れないでしょう。