• ラレック・グレイシー
  • ラレック・グレイシー

ラレック・グレイシー

ラレック・グレイシーラレック・グレイシーは、世界的に有名な護身術のエキスパートであるロリオン・グレイシーの3番目の息子です。ロリオンは、息子たちが歩けるようになるとすぐに格闘技の基本的動作を教えました。ラレックは、幼少の頃から南カリフォルニアのガレージで父が教えるプライベートクラスの様子を見て過ごしました。しかし、彼が本当に一族の格闘技の有効性を理解するようになったのは、ロイス、リクソン、ロイラーといった家族が無制限ルールの試合で圧倒的な勝利を収めるのをその目で見てからです。

過去のグレイシー世代と同様、ラレックは伝統的な格闘一家の中で生まれ、プロの格闘技界に入っていきました。2007年7月、ヘリオ・グレイシー師範から黒帯を授けられると、ロレックは日本でMMAデビューを果たしました。13,000人の観客と世界各国の2,000万の視聴者の前で、ロレックは柴田勝頼を壮絶な腕ひしぎ十字固めで倒しました。数ヶ月後にMMAの2戦目が日本で開催され、ガドジーブ・アラヴチンをマウントからの腕ひしぎ十字固めで倒しました。トレーニングをしていない時は、カリフォルニア州トーランスのGracie Academy本部で兄弟と共に教え、また息子のライアンと遊んだりしています。